磁気探査方法について

磁気探査

磁気探査とは、主に埋設爆弾や砲弾又等を探査するために行われます。

目的構造物にあわせた探査方法を当社ではご提案させて頂きます

水平探査

道路建設、農地の土道路建設、土地改良工事等の施工深度が浅い工事に実施されます。

鉛直探査

建築工事等での鋼矢板、杭等の打設、地盤改良工事等に局地的で深い場所に実施されます。

1/1

磁気探査方法

磁気探査とは、主に埋設爆弾や砲弾又は海底面下の埋設機雷等を探査するために行います。

​そのため目的構造物の建設場所や施工方法にあった探査方法を選ぶ必要があります。

水平探査(経層探査

 道路建設、農地の土道路建設、土地改良工事などの平面的な場所に適しています。

 地山の切土、削孔深度が深い場合は、経層探査を繰り返します。

鉛直探査

 鋼矢板、杭などの打設、地盤改良工事などの局地的で深い場所に適しています。

上記の方法で陸上など埋設鉄類の探査作業を行います。

測定データを基に解析を行い、磁気異常反応の有無を確認、反応箇所の位置、距離(深度)及びその鉄類の持つ磁気量を算出し、各測定箇所の測線及び測点の結果を一覧表にまとめて発注者へ報告いたします。

磁気異常物が鉄類か埋没不発弾などがを明らかにすることにより、危険な不発弾などが発掘された場合は、ただちに工事作業を中断し、速やかに発注者へ報告し、その指示に従います。

​並行して、警察署及び管轄する自治体へ埋没不発弾の発見報告も行います。

​ご不明な点は弊社にお問い合わせください。

​各種手続きから磁気探査の実施まで、すべて弊社にお任せください。

株式会社 地盤開発

沖縄県那覇市古島1丁目1ー15

TEL 098ー835ー5330

​FAX 098−835−5335