​配筋調査いたします。

​コンクリート及びブロックの中の鉄筋の本数・配置を確認致します。(調査可能進度40cm程度)

  • 柱、梁、壁、スラブ内などの配筋位置調査

  • ​アンカー打ち、コア穿孔工事、床壁ハツリ工事などの施工前調査により、鉄筋の切断を防ぎます。

RCレーダ探査とは?

電磁波を送信して、その反射波から鉄筋の位置と深さを探ります。

コンクリート躯体中の鉄筋の位置や深さを非破壊で確認、調査後の作業が安心して行えます。

土間床や柱、梁など X線撮影ができない箇所の調査に威力を発揮します。

 RCレーダー探査の流れ

事前準備(現地確認)

・ 調査箇所の確認、打合せ墨出しや足場の設置など

  調査コンクリート面の確

     (下記のようなところでは探査できません。)

・凹凸が激しく、装置がスムーズに移動できないところ。

・内装、ボードなどの施工により、壁、床、柱などとの間に隙間がある場合

・狭い(装置が入らない)ところ。

調査の実施

・コンクリート面をスキャンし、鉄筋位置・深度(かぶり厚)の

 位置を確認します。

 

・その場で鉄筋の位置をケガキします。

・画像データを保存します。

報告書の提出

・調査状況

​・探査対象とモニター画面

株式会社 地盤開発

沖縄県那覇市古島1丁目1ー15

TEL 098ー835ー5330

​FAX 098−835−5335